2019年05月26日

子どもたちとサバイバル


 5月26日(日)午前10時に関谷「かん太村」を会場に関小ブロック防災協議会の第3回「子どもと一緒にサバイバル」が開催されました。連日の猛暑にめげず30人の大人と20人ほどの子どもが集まって来ました。
 災害時のトイレの話を聞き、簡単なロープの結び方を訓練したあとはツイストパン作りです。ホットケーキの素IMG_20190526_102827.jpgと各種ジュースでパン生地を作り、細長く伸ばしてから竹の棒に巻きつけ炭火で焼いて行きました。
かん太村提供の野菜獲得抽選会の後、集合写真を撮影して終了です。6月9日には関谷小学校地区スポーツ振興会の「関谷ふれあい子どもひろば」 が予定されています。(写真順に全員集合、ロープワーク、パン生地作り、焼く作業、渡辺会長挨拶、受付風景)

IMG_20190526_120545.jpg IMG_20190526_103549.jpg IMG_20190526_112215.jpg IMG_20190526_113352.jpg IMG_20190526_100356.jpg IMG_20190526_100057.jpg


続きを読む
posted by 玉縄だより at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月25日

令和の時代に生きる

      (5月24日、詩は城廻在住、江上尚志さんからの投稿です)
目が覚めると新しい時代「令和」の幕が開いていた
何故か心静かに迎えた朝だった9976.png

昭和から平成に移る日は雲がどんよりとしていた
大正から昭和の境は葉山の公園入口の碑に見える

平成から令和へ何と言う明るさ
これまでにない人々による命名
私たち国民が求める時が始まる
この国に生まれた誇りを持とう     
                                                                                   <令和の時代に生きる子供たち。
                                                                                           生まれ育った玉縄の地で健やかに…>図2.png
新しい生命も生まれたという
子どもたちは元気に通学して
新しい時代が良くなると信じ
地域の年配者も見守っている

reiwa-1.jpg
posted by 玉縄だより at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月24日

ロジュマン親和会バス旅行

   (ロジュマン在住・石井英明さんからのレポートです)
 5月22日、鎌倉ロジュマン親和会は長瀞ライン下りと江戸川散策の恒例日帰りバス旅行を行いました。7時30分ロジュマンから34人(うちグランマークスから2組4人)が江ノ電バスで一路長瀞へ。前日の大雨で川下りが可能か心配でしたが天気も回復し、水量も若干増水気味ながら2隻に分かれて3kmのスリル満点川下りでした。秩父鉄道の社員クラブという昭和3年築の「有隣クラブ」の広間で竹膳料理の昼食後一路川越へ。丁度3時の"時の鐘"を聞いて街をブラブラ。予定より早めの6時20分にロジュマンに帰着、みんなが仲良くなった初夏の一日でした。
DSCN5387.JPG DSCN5396.JPG DSCN5400.JPG DSCN5406.JPG




続きを読む
posted by 玉縄だより at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月22日

歩けあるけ大会植木で

 植木地区スポーツ振興会主催の「歩けあるけ大会」を鎌倉歴史文化交流館までのコースで、5月18日(土)開催しました。今回はJRでの移動のため歩いた時間は30分程でしたが現地解散後、各自鎌倉を散策に行きました。(写真 =1.植木青少年広場集合2.鎌倉歴史文化交流館3.交流館内4.交流館庭園)
1.JPG 2.JPG 3.JPG 4.JPG
posted by 玉縄だより at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月20日

玉縄城をめぐる

 玉縄歴史の会(会長・関根肇)主催の散策会「玉縄城総構えの測量を終えて」に参加しました。5月20日(月)午前9時半に清泉女学院の前に歴史の会のメンバーばかりでなく、5月12日に開催された公開講座の参加者を合わせて30人以上が集まりました。IMG_20190520_092119.jpg

 城郭史研究・37号に「相州玉縄城実測調査報告」を発表した大竹正芳さん(左顔写真)が案内人です。主催者挨拶から清泉女学院の門を入って玉縄城跡を巡り初めました。「けまりば」から「諏訪壇」の周囲に張り巡らした土塁や堀切について説明を受けながら500年前に思いを馳せました。
 現在は市民緑地になっている太鼓やぐら跡から七曲坂を望むと「くいちがい郭」を訪ねます。関根会長のお宅の裏山にあたる場所の堀切や土塁は多くの人にとって初めてであり歓迎の声が聞こえました。12時頃に七曲坂の歴史碑前で解散しましたが地域の歴史を知る機会に感激しました。  (編集委員・江上尚志)
IMG_20190520_114303.jpg IMG_20190520_110537.jpg IMG_20190520_105615.jpg IMG_20190520_093136.jpg IMG_20190520_102147.jpg IMG_20190520_103501.jpg 


















posted by 玉縄だより at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月19日

16回大船まつり


 今年で16回目を迎える「大船まつり」が5月19日、大船駅東口周辺を会場に盛大に催されました。DSC02500.JPGイベントの内容は例年と同様、芸術館通りを歩行者天国にして思い思いに仮装した行列が続いたほか、関谷地区も加わる一輪車チームの曲乗りや、植木リトゥルエコーアンサンブルのジャズ演奏などにも関心が集まりました。
 
 午前9時過ぎに邪気払いの演武が行われたのち、田子実行委員長から「天気も心配なく、1日大いに楽しんでください」と開会の挨拶。地域の町内、自治会などを中心にして530人のボランティアでおまつりをバックアップしていることも披露されました。芸術館通りには食べ物や飲料のもぎ店が並ぶほか、JRや湘南モノレールなどのテント前には子供たち向けに制服が提供され、はにかむ子供たちの様子をレンズに収めようと家族連れの行列が続きました。

 パレードには、玉縄地域から玉縄幼稚園の園児たちが、お揃いのコスチュームで参加したり、鎌倉一輪車クラブには、関谷地区の子どもたちも多く参加、日ごろ鍛えた曲乗りには沿道から多くの歓声と拍手が集まりました。本部前のメイン会場で植木リトゥルエコーのジャズ演奏が行われているころ、イトーヨーカ堂前と西友前の特設会場でもテコンドーや和太鼓演奏に大勢の見物客が拍手をしていました。
 <写真左から開会挨拶する田子会長、右は松竹映画、フーテンの寅さんに扮した松尾市長の来賓あいさつ>
posted by 玉縄だより at 14:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月15日

武道館でスポーツフェア

 5月12日(日)10時から15時まで、鎌倉市・鎌倉市スポーツ推進委員連絡協議会・鎌倉レクリエーション協会主催で、かまくら「スポーツレクリエーションフェア」2019が鎌武道館で約280人の来場者と協力団体関係者が参加して開催されました。子供向けに幼児体育コーナー・チャレンジザゲームなど、大人と子供向けには各種ニュースポーツの体験のほか、体力測定などが行なわれました。
<写真は左から順にトスベースボール、チャレンジザゲーム、インディアカ、ノルディックウォーキング、 スタンプラリー賞品など>
2.JPG 3.JPG 4.JPG 5.JPG 6.JPG 1.JPG
posted by 玉縄だより at 08:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月11日

湘南鎌倉病院で地鎮祭

 鎌倉での中核的医療機関でもある湘南鎌倉総合病院は、隣接する保有敷地内に先進的医療センター並びに外傷・救命救急センターを建設することとし5月11日、同病院内の建設予定地で両センターの地鎮祭を行いました。
 先進的医療センターには、世界で初めてといわれる全身統合型MR-PETシステムなどが配置される見込みで、国内でも有数の医療技術を誇るものになるということです。また、外傷・救命救急センターは5階建ての最新医療センターになり旧来の同センターと統合することで、救命活動では一層役割が増すことになりそうです。
 地鎮祭は病院関係者や取引先企業代表ら120人余が参列、松尾崇鎌倉市長とともに玉縄地域からは鎌倉ロジュマン自治会長の石井英明さんら7人が地域代表として玉串奉奠に臨んだ他、その後開かれた直会で工事の無事と役割の拡大を期待する旨の挨拶を行いました。(写真左から完成予想図、地鎮祭並びに建設予定敷地、最後は地域代表の玉串奉奠)
DSC02471.JPG DSC02472.JPG DSC02473.JPG DSC02474.JPG DSC02482.JPG DSC02487.JPG

posted by 玉縄だより at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ママと赤ちゃんの記念コンサート

 5月11日(土)午前10時半、玉縄学習センター3階にたくさんの赤ちゃん(先輩を含む)とパパ、ママが集まりました。「ママと赤ちゃんのたまりば」20周年記念コンサートです。玉縄地区社会福祉協議会、ママと赤ちゃんのたまりば主催、玉縄子育て支援センター共催イベントはソプラノ歌手とプロによるコンサートです。
 小川地区社会福祉協議会会長の挨拶に続いてコンサートが始まりました。「歌と楽器のゆかいなコンサート 〜森のおおさわぎ!〜」と題したプログラムを親子で楽しんでいました。
 ソプラノ歌手(城島かほる)の進行ピアノ(飯田彰子)、クラリネット(高井洋子)、ヴァイオリン(李文佳)のプロが様々な趣向をこらした演出です。鎌倉市出身のソプラノ歌手・五十嵐美和子の参加で子どもたちも立ち上ったり手を打ったり楽しんでいました。(文中敬称略)
IMG_20190511_102845.jpg IMG_20190511_103148.jpg IMG_20190511_103345.jpg IMG_20190511_101753.jpg IMG_20190511_104557.jpg IMG_20190511_105446.jpg
posted by 玉縄だより at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月01日

院内コンサートで元気を

 湘南鎌倉総合病院の1階エントランスを使って4月27日、13回目となる院内コンサートが開かれました。
    (湘南鎌倉総合病院総務課の庄山勇輔さんからの投稿=写真も)
 あいにくの空模様でしたが、大変多くの方々に喜んで頂くことが出来ました。今回は、神奈川県立鎌倉高等学校の吹奏楽部の生徒さんたち。高校生らしい大変パワフルな演奏で、多くの患者様からも元気が沸いてくる、とのお言葉を頂きました。次回は5月22日午後4時から同じ会場で、鎌倉出身の和田華音さんのピアノ演奏を予定しています。
IMG_1278.JPG IMG_1313.JPG IMG_1267.JPG
posted by 玉縄だより at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記