2017年02月07日

明照フラワー保育園で作品展

4月に開園1年を迎える明照フラワーガーデン保育園(旧岩瀬保育園植木分園)では2月4日に園児たちの手による第一回作品展が開かれました。園舎の各部屋には0歳から5歳までの園児たちのかわいい作品が所狭しと展示され、訪れた人たちを和ませ、園庭では保護者により焼きそばが振る舞われました。
DSCN0313.JPG DSCN0315.JPG DSCN0317.JPG DSCN0320.JPG DSCN0321.JPG

posted by 玉縄だより at 12:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月04日

神明さまで豆まき

2月3日(金)岡本神明神社では恒例の豆まきが行われました。小さなお子さんたちがお母さんに連れられて急な石段を登って大勢集まりました。先ずは皆さんお参りを済ませます。大きなビニール袋を広げて待ち構える中、「鬼は外・福は内」と威勢のよい掛け声がかかると大きな歓声があがりました。沢山拾えた子・拾えなかった子もいましたが拾えなかった子に「わけてあげるね!」とあげている様子がなんとも微笑ましく温かい気持ちになりました。
IMG_0543.JPG IMG_0562.JPG IMG_0568.JPG IMG_0570.JPG
続きを読む
posted by 玉縄だより at 09:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月28日

玉縄 新春のつどい

 詳細「玉縄女性の会」ホーム頁を⇒   http://ttamanawa.sakura.ne.jp/1_jyoseinokai/yousu/yousu1/yousu1.html  
1月28日(土)11時から「鎌倉清和」[社会福祉法人清和会)を会場に恒例の「玉縄地域 新春のつどい」が開催されました。冒頭、湘南鎌倉総合病院の塩野正喜院長より病院用地取得の報告がありました。救急外来や「がん治療」に力を注ぐというご報告です。
 玉縄在住のオーボエ奏者 江原泰子さんの演奏に会場は1月末とは思えない温かい光に包まれたようです。正木重郎ー玉縄自治町内会連合会会長から地域の発展に尽くして行くとの力強いご挨拶と田中八郎前会長を偲ぶ言葉を聞きました。来賓紹介、挨拶に続いて小川サヨ子玉縄地区社会福祉協議会会長の発声で100人を超える参加者の懇親の輪が広がって行きました。
(写真=左上から順に正木自町連会長、塩野正喜院長、司会の石井さん、乾杯の音頭小川さん、オーボエ演奏、会場風景)
 DSC_2840.jpg DSC_2825.jpg DSC_2820.jpg DSC_2847.jpg DSC_2827.jpg  DSC_2849.jpg
posted by 玉縄だより at 17:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月27日

久成寺で消防訓練

1月25日午前10時から快晴微風の中で植木・久成寺で鎌倉市消防本部による消防総合訓練が行われました。この訓練は市内の貴重な文化財を火災から守り、後世に伝えることを目的にしたものです。訓練には斉藤消防本部長と大船消防署長の指揮のもと多数の地域の方たちが見守る中、大船消防署員、第13分団員と久成寺の僧侶らが参加しました。(写真左から順に出動した大船消防署と13分団の消防車、社務所前の現場指揮本部、放水前に寺僧が重要物を避難、負傷者の救出、ホース連結完了、上空からはドローンが撮影)
DSCN0263.JPG DSCN0264.JPG DSCN0268.JPG DSCN0273.JPG DSCN0270.JPG DSCN0265.JPG
posted by 玉縄だより at 13:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月25日

綴られた感謝の言葉

絵手紙に感謝をつづる
       詳しくは女性の会ホーム頁を⇒ http://www.tamanawa.net/1_jyoseinokai/yousu/yousu2/yousu2.html

 玉縄地区福祉協議会の中で中核的役割を果たしている「玉縄女性の会」のみなさんのもとに、一人住まいの高齢者の方々から、一年の感謝をつづる年賀の便りが多数寄せられています。94歳の女性からは見事な筆致で、感謝の気持ちが伝えられ、また、元気でいても最近はよたつき気味。それでも、即席の句が綴られ「のんびり行こう 死ぬまで生きられる」と、元気な様子を伝えてきています。
image5.jpg
 玉縄女性の会では、年に3回手作りの絵手紙を地域内250人の一人住まいの方に送っています。新年と誕生日それに敬老の日の3回、女性の会のみなさんが手分けをして、絵手紙を作ります。年間750通にもなるので、手紙を書くのも時には寸暇を惜しんで、没頭しなければなりません。「思い思いの絵をかいて、少しでも手紙を見て元気になってくれればうれしいな」そんな思いを込めてのことで、元気でいるよ、との返事は何よりの喜びだそうです。
image3.jpg
 社会福祉協議会では一人住まいの高齢者を対象に、年に数度食事会を開いていますが、「足を運べる人はともかくとして食事会に来られない方たちにも、少しでも元気になって頂ければ」(玉縄社協小川会長)ということで、女性の会が中心になって始めたもの。「年を重ねると来る手紙も少なくなり、寂しくなりますね。こうした活動が高齢者を元気づける一助になれば…」というのが目的です。絵手紙が縁で、その後介護の施設に入ったとか、家族と同居することになりましたという報告も寄せられるそうです。
image4.jpg

posted by 玉縄だより at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月21日

玉縄桜の開花 新記録の早さ

開花1月17日
湘南鎌倉病院正面向かい側ロジュマンの玉縄桜が例年より10日ほど早く開花しました。樹齢11年の玉縄桜はこの9年間で毎年2月末〜3月初旬に周辺で一番早く開花してきましたが、フラワーセンター山元園長のみたてでも「間違いなく玉縄桜の開花日の新記録」とのことでした。花のまわりの大きくふくらんだ芽には、メジロが飛んできてついばんでいました。
  DSCN0257.JPG DSCN0258.JPG
posted by 玉縄だより at 17:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

湘南鎌倉病院が癌センターを

 湘南鎌倉総合病院は新たにがんセンターを建設することになり、昨年末隣接する武田薬品工業の土地約26000uを購入しました。工事計画の概要は鎌倉市の開発条例にそって近く周辺自治会などへの説明会を通じて明らかになりますが、病院はこの工事に先立って、まず隣接する元かまくら愛の郷の土地(現在はコインパーキング上に利用中)に救急救命センターを建設する計画です。湘南鎌倉病院は鎌倉市民、県民にとっても益々なくてはならない施設になっていくように思われます。
posted by 玉縄だより at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

鎌倉ロジュマン新春の集い

 1月15日正午から約60名が出席して、ロジュマン第一集会室で自治会、管理組合、親和会共催の「いきいき新春のつどい」が開催されました。お客様として昨年1月に亡くなられた植木町内会田中八郎会長の奥様の顔もありました。山崎町内会からお招きした「鎌倉囃子山崎保存会」の皆様によるおめでたいお囃子で幕が開き、その後は自治会会長夫人の手による様々な料理に出席者全員舌鼓を打ち、会場は2時過ぎまで大きな笑い声が弾んでいました。ロジュマンの皆さんの絆が一層強くなったようです。
ikiiki1.jpg ikiiki2.jpg ikiiki3.jpg ikiiki4.jpg ikiiki5.jpg ikiiki6.jpg

posted by 玉縄だより at 16:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月17日

鎌倉市「防災のつどい」

  1月17日(火)午前10時から鎌倉市福祉センターで「鎌倉市防災のつどい」が開催されました。22日は阪神淡路大震災から22年にあたり参加者全員(約200人)で黙祷を捧げます。「防災とボランティア週間」の一環行事は防衛大学校準教授の加藤健氏を講師とする「災害時の避難行動について」でした。公助の他に共助の種まきとしての地域の活動、加えて自助(見える準備と見えない防災としての訓練)があること等がわかりやすい内容です。玉縄地域からも多くの参加者があり12時まであっという間でした
DSC_2728.jpg DSC_2734.jpg DSC_2735.jpg DSC_2737.jpg
posted by 玉縄だより at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月15日

神明社でどんど焼き

 114日(土)2時〜3時 新明神社で毎年恒例の「どんど焼き」が行われました。近隣の方々がお正月に使った門松や七五三縄・お守り・破魔矢などを持ち寄って焚きます。当日は風が強く火入れとともに一気に燃え上がる火は迫力がありました。“どんどの火にあたればその年を元気で無事に過ごせる、またどんどの火で焼いた団子を食べると虫歯にならない”など言い伝えがあります。

 境内に集まった子ども達は色とりどりにつくられた団子を焼き、美味しそうに食べていました。1年の無病息災を願いみんなの願いが天に届きますように〜

IMG_0483.jpg IMG_0484.jpg IMG_0487.jpg IMG_0490.jpg IMG_0493.jpg IMG_0500.jpg

続きを読む
posted by 玉縄だより at 15:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記