2020年02月01日

大船観音で豆まき

 女優の五大路子さん、伊藤かずえさんのご家族やジャガー横田さんご一家など、DSC02817.JPG多彩な顔ぶれで賑わう恒例の豆まきが2月1日、大船観音寺境内で開かれました。開場前から長い行列ができ入場規制も取られ、行列の最後尾では入れずに残念がる人たちも。大太鼓の音と、住職の「福はウチ」の発声にあわせ沢山の豆がまかれ、境内には歓声と福はウチの声が響きました。
 豆まきの始まる前には豆をまくゲスト、協賛企業や地域の代表らが参列して、節分会・追儺の儀式も行われました。
  今年は暖冬だったこともありますが、この日はポカポカあたたかな絶好の行楽日和。2時間余の行列もいとわず例年にない賑わいで1000人余の人が訪れたということです。毎年参加していた大相撲力士の姿が見えなかったのは、ちょっぴり淋しいと残念がる人もいましたが、沢山の福豆をポケットに、さらに会場内では抽選も行われ高額の賞品を手にして大喜びのラッキーな人もいました。
  DSC02806.JPG DSC02813.JPG 
  DSC02818.JPG DSC02819.JPG 
posted by 玉縄だより at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ふれあい子ども広場

冬晴れの2月1日(土)午前9時半、関谷小学校の運動場と体育館を舞台に「関谷ふれあい子ども広場」が開催されました。日ごろ小学校の体育館やグラウンドを利用して活動を行っている団体を中心に、それぞれの活動を報告しながら地域の人たちが楽しめる体験会の位置づけです。
 主催者の関谷小学校区スポーツ振興会(会長、渡辺寿三)の呼び掛けでサッカー、ミニバスケット、野球、空手、グラウンドゴルフ、ソフトバレーのサークルに地域の子どもから大人まで50人余りが集まり、大船駅周辺の清掃活動をしていた鎌倉市長の松尾さんも応援に駆けつけました。
★空手の指導者・石原さんはシニア大会で優勝され、全国大会に出た5年生、2年生もいました。
ソフトバレーはゴムボールを使いバトミントンコートの広さのコートに4人一組で試合をするそうです。(編集委員・江上尚志)
IMG_20200201_093144.jpg IMG_20200201_093403.jpg IMG_20200201_094405.jpg IMG_20200201_095030.jpg
posted by 玉縄だより at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月25日

交流を深め…新春の集い

玉縄地域恒例の「新春の集い」が1月25日(土)午前11時から玉縄地区自治町内会連合会(自町連)と地区社会福祉協議会(地区社協)共催で開催されました。会場の鎌倉清和3階ホールには地域で活躍している多くの方々が集まりました。
進行役は民生児童委員協議会の深見さん(地区社協副会長)で正木自町連会長が新年の挨拶をされました。来賓の松尾鎌倉市長から市制80周年にあたり玉縄地域の活動に期待するご挨拶がありました。会場提供の浅井理事長の紹介、小川地区社協会長に代わって今井玉縄行政センター長による乾杯の発声で和やかな懇親会の始まります。
 鎌倉清和の作った心のこもる料理が並び参加者たちが会場を巡って交流を深めています。懇親会のために「オーボエとフルートの演奏会」が始まりました。江原泰子(オーボエ)、青木三木栄(フルート)お二人のステージに続き「福引き」が進められました。1等に正木会長が当たるハプニングもあり冬にしては日差しの暖かい中でイベントがクライマックスを迎えました。
 (写真左から正木会長、松尾市長、小川会長、浅井理事長の順)
IMG_20200125_110229.jpg IMG_20200125_110636.jpg IMG_20200125_111154.jpg IMG_20200125_110822.jpg

 続く・・>会場内の風景は次頁に
続きを読む
posted by 玉縄だより at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

龍宝寺で山門修理

 玉縄地域の古刹「龍寳寺」も冬の寒さに耐えています。暖冬とはいえ、大寒を過ぎ今が最も寒い時期。緋寒桜や紅梅、蝋梅が春を待っています。昨年秋の台風で傷んだ山門の屋根の修理が始まりました。(編集委員・江上尚志)
            IMG_20200119_100505.jpg
posted by 玉縄だより at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記