2022年05月11日

歴史館ギャラリーで城郭展

今年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」が佳境に入っています。
植木の龍宝寺境内にある玉縄歴史館ギャラリーでは「鎌倉の城廓展」が開かれています。会期は9月15日までで、玉縄城址まちづくり会議の主催で龍寳寺が協賛しています。展示会場では鎌倉の城廓について20数年間研究を進めて来た大竹正芳氏(日本画家でもある)の調査結果を中心に発表されています。
鎌倉城の詰めの城、法華堂跡縄張図は鎌倉時代の始まりを偲ばせるます。
「北条泰時による鎌倉の城塞、中世城廓の原型がここにある」や「祇園山ハイキングコースは城跡だった(佐竹氏館)」では歴史ロマンを感じさせます。龍宝寺では四季の花が美しく咲いています。(編集委員・江上尚志)
unnamed (1).jpg unnamed (3).jpg unnamed.jpg unnamed (2).jpg
posted by 玉縄だより at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189527675
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック