2019年09月16日

すこやかフェスで太極拳

   (新風台在住・佐々木峯雄さんからの投稿)
令和元年914日(土)、玉縄すこやかセンターで、敬老祝賀行事の一環としてフェスティバルが開催されました。数日前、台風15号が上陸し、土砂崩れや浸水などかなりの被害が出ましたが、当日は幸い、好天となり、フェスティバルは予定通り開催されました。当センターでは民謡、舞踊、絵画、手芸など約30の団体が活動していますが、ここを活動拠点にしている太極拳3クラブも積極的に参加しました。

なお、このセンターの利用は60歳以上の人に限られますので、高齢の会員にとっては、屋外での練習は夏は暑く、また、冬は寒く、厳しいものがあります。しかし、年間を通して富士山を遠望でき、春は桜満開の下で踊ることができ、屋外は気分爽快です。

当日、太極拳クラブは午前1030分から12時まで、屋外コートで太極拳を演じました。先ず、仁平先生指導のもと、参加者全員(34名)で軽いストレッチで体をほぐし、続いて入門、初級の表演をしました。その後、各クラブ毎に表演し、はれやかクラブは16式と48式(前段)、すこやかクラブは広播太極拳と入門、ひまわりクラブは16式、李式太極拳、総合太極拳を夫々表演しました。

休憩をとった後、全員で24式の表演をし、記念写真を撮りました。最後に体験教室として、クラブ員以外の方も交え、24式を再度表演し、終了しました。午後、一般の方に対するPRの時間を頂き(今年が初めて)、大広間で模範演技が行なわれました。20~30名の方々を前にして、原先生が太極拳についての説明を行い、後、原先生と仁平先生により、20分程度、初級、16式、24式などが披露され、拍手を浴びました。初めて太極拳を見る方が多く、真剣に観ていました。

(最後に)3クラブが一緒にやるのは年1回ですが、他のクラブの演技を見ることができ、また、和やかな雰囲気で、良き交流の場になりました。

すこやか1.jpg すこやか2.jpg すこやか3.jpg

posted by 玉縄だより at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186567326
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック