2019年03月30日

わくわく体験あそび場

 春休みも中盤の3月30日(土)植木小学校運動場を舞台に玉縄地区の「第13回わくわく体験あそび場」が開催されました。3月になったら「あそび場」があると楽しみにしていた子どもたちが続々と集まって来ます。
  "子どもと大人が遊びを通してふれあうことにより、子どもたちがいきいきと育ち自ら「生きる力」を身に付ける為の地域活動です。"受付の後は思い思いの場所で「遊び」を体験できました。マシュマロ焼き、木工あそび、万華鏡、シャボン玉、自然創作、竹細工、手作りおもちゃ、昔あそびと様々な体験が待っています。
 玉縄自治町内会連合会、玉縄地区社会福祉協議会の主催で民生委員児童委員、青少年指導員、鎌倉市消防団第13分団その他玉縄地域の団体の協力で広い運動場いっぱいに「遊び」の輪が広がります。今年も鎌倉・馬のいる街プロジェクトの協力で馬やポニーに乗ることも出来ました。お昼には玉縄女性の会が心を込めて作った"とん汁"が振舞われました。
IMG_20190330_103736.jpg IMG_20190330_103554.jpg IMG_20190330_100804.jpg IMG_20190330_112212.jpg IMG_20190330_110941.jpg IMG_20190330_115808.jpg
posted by 玉縄だより at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185787096
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック