2018年01月01日

玉縄の寺社に幸せ祈る

 平成30年の幕開け。戌年は「わんダフルな1年」で「ワンさか幸せ」になろうと、年賀状にも元気な文字が踊ります。雲一つない青空の広がる玉縄地区。大船駅西口の柏尾川にも鴨やカモメ、シラサギなどが舞いしきりにエサを探し求めます。1月1日、寒さも和らぐころ参拝客は身近な寺社に手を合わせます。地域の鎮守様でもある諏訪神社、神明神社それに穏やかな表情を浮かべる観音さま。いずれも急な坂と階段が続きます。年配のご夫婦は「横着して申し訳ありませんがここから手を合わせます」と、階段下からの参拝になりました。
(写真は見上げる階段、本殿前の神明神社、階段を上る諏訪神社の参拝者、大船観音と龍寶寺それに塩竈神社)
DSCN3523.JPG DSCN3524.JPG DSC01701.JPG DSCN3528.JPG DSC01702.JPG DSCN3531.JPG
posted by 玉縄だより at 13:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます!新年らしい玉縄の名所巡りを楽しみました。
Posted by 江上尚志 at 2018年01月01日 13:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182004814
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック