2017年10月26日

養護学校生徒と地区社協の協力で

 関谷にある県立鎌倉養護学校の生徒たちが、地域とのかかわりを深める活動に取り組んでいます。生徒の社会順応性を高めること等がねらいですが、地元の玉縄地域では地区社会福祉協議会や鎌倉市・玉縄支所が後押しをしています。10月19日には玉縄支所に同校・高等部2年生8人が集まり、地区社協の皆さんとクリスマス用のツリー作成に取り組みました。 
【鎌倉養護作成】養護学校マイタウン記事-1020115201.pdf (詳しくは左のリンクをクリックして下さい)

yougo1.jpg yougo2.jpg 
posted by 玉縄だより at 08:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
地域との接点が増えることに意義があると思います。
Posted by 江上尚志 at 2017年10月26日 16:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181390568
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック