2017年04月06日

「桜の花道を歩こう会」鎌倉ロジュマン

  鎌倉ロジュマン 古田昌弘さんからの投稿です

4月5日() 10時発で鎌倉ロジユマンみどり公園を出発して山崎小学校 ⇒台峯ハイキングコース 北鎌倉女子学園テニスG  見晴らし休憩所  鎌倉山別荘地 ⇒葛原岡神社、やすらぎ広場、源氏山・源頼朝像  小倉遊亀邸跡、浄智寺  雪堂美術館 北鎌倉  大船のコース。所要時間1時間30分 6千歩+3千歩

               (計画立案は鎌倉ロジュマン 健康増進担当倉永さんです)

入学式の45日、 生徒は帰路、残った看板の前で2匹の犬をモデルにスマホを構え、しかし、犬は別に関心なく、校庭の庭の桜はほぼ満開を横目に、台峯ハイキングコースへ。荒々しい野生のかしの肌に似たヤマザクラが、ところどころに咲いていました。

季節も良く、ハイキング客とすれ違う。見晴らしの良い北鎌倉女子学園とグランド、円覚寺の青い屋根を眺め、満開の風景を想像しつつ、源氏山・やすらぎ広場。日当たりの良いこの場所は、すでに満開の桜の下葛原岡神社前の茶屋で玉こんにゃくを肴に飲む缶ビールは、疲れに素晴らしく喉を潤しました。

源氏山公園では持参した昼食を狙うとんびが空を舞っていました。浄智寺への下りの途中には105歳まで現役女性日本画・文化勲章受章の小倉遊亀宅の跡。小津安二郎邸へのトンネルを見ながら、反戦の書道家小野田雪堂。小さな「雪堂美術館」で金子みすず、山頭火の書と画で鎌倉時代のやぐらを借景に、緋鯉が泳ぐ姿を見ながら抹茶で一服し、すがすがしい一日を過ごしました。「この今をありがとうございます」2005101580歳で亡くなった雪堂さんの言葉。

(写真@台峯ハイキングコースA見晴らし台B源氏山、葛原岡神社やすらぎ広場C源氏山公園D小倉遊亀宅の跡E雪堂美術館で金子みすず、山頭火の書と画)

DSCN0220.jpg DSCN0228.jpg DSCN0227.jpg DSCN0244.jpg DSCN0255.jpg DSCN0257.jpg


posted by 玉縄だより at 16:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
Posted by 江上尚志 at 2017年04月07日 06:57
葛原が岡の「こもれび広場」あたりはずいぶん整備されましたね!
Posted by 江上尚志 at 2017年04月07日 07:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179334567
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック