2015年05月17日

鎌倉幸寿苑で餅つき大会

毎年利用者らの楽しみになっている関谷・鎌倉幸寿苑の「餅つき大会」が5月17日、同苑のエントランスなどを使って開かれました。日頃縁の深い玉縄地域社会福祉協議会役員や民生委員の方々20人余が駆けつけ、用意された10臼をつきあげました。利用者らも名乗りをあげて餅つきに参加。「ヨイショ」のかけ声のなか両脇を支えられながらもつきあがった餅に満足げな表情でした。お餅はきな粉やあんこ等にからませ、利用者や来苑した家族の皆さんに振る舞われました。

DSC00470.JPG DSC00497.JPG DSC00499.JPG DSC00487.JPG
posted by 玉縄だより at 16:05| Comment(1) | イベント・案内
この記事へのコメント
今日は餅つきの様子を見させていただきましたが、入所者の方々が楽しげに杵を振るっていたのが印象的でした。福祉関係の方々の支援がとても大事ですね。

幸寿苑にもっとも近い「新風台団地」に居りますので、私たちも夏祭りや防災訓練の際に、手助けをしておりますほか、趣味関係では、囲碁クラブのメンバーが定期的に碁打ちのお相手をしております。今後とも良き交流を続けたいと思っております。
Posted by 佐々木峯雄 at 2015年05月17日 16:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。