2022年05月26日

3年ぶりの研修・視察

 玉縄地区の民生・児童委員の皆さんによる3年ぶりの研修会が5月25日、鎌倉市提供のマイクロバスを利用して小田原で行われました。
       (編集委員・深見正美=第9地区民生委員児童委員協議会長)
 午前中は博物館で動植鉱物、地球の成り立ちを学び、午後は竹輪づくりに挑戦しました。首都圏ではまだ連日4桁の感染者が発生していますが、少しずつ日常性が戻ってきている事を実感しました。ウイズコロナで元気に活動を取り戻したいと強く感じました。<写真=エプロンと帽子を着けちくわ作りに挑戦、焼きたてアツアツは美味しい>
 DSCN0054.jpg 3.JPG 2.JPG 1.JPG
posted by 玉縄だより at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

多世代との交流を

 子どもからお年寄りまで多世代の交流を深めようと玉縄すこやかセンターでは6、7月も交流イベントを開きます。6月は18日に保護犬、保護猫を学ぶとして「保健所の犬猫を救う会」(PAK)から講師を招いての座学。7月は同センターで育てたトウモロコシと枝豆を収穫してのピザづくりを30日に開きます。いずれも申し込みが必要で6月1日から同センターで受け付けます。詳細は以下のチラシから。
 7月ピザ作りチラシ .jpg 6月動物愛護チラシ .jpg 
posted by 玉縄だより at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記