2021年06月29日

アセス推進会議が現地調査を開始

   (レポート投稿/生活支援コーディネーター・和智章宏) 
 玉縄地域アセスメント推進会議(座長 曽田健二氏)は、今月から玉縄地域の現地調査を開始しています。梅雨の時期ではありましたが、幸い天候に恵まれ、6月9日に主に植木地域、6月23日には主に城廻地域を踏査することができました。参加したメンバーは、公園や自治会館、医療機関の所在や状況の確認、街頭消火器の設置場所や災害危険個所の確認を行いました。今後、岡本、玉縄、関谷など3コースで現地調査を実施し、くらしに役立つマップ作りを進めていく予定です。
(写真=植木公会堂館前の参加メンバー、域内の七曲り坂などを踏査)
 C城廻_5_植木公会堂_4.JPG D植木_10_七曲り坂_1.JPG
posted by 玉縄だより at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

玉縄防災会議を玉小で

 玉縄地区での防災活動強化の一環として「第2回避難所マニュアル策定委員会」が6月26日、玉縄小学校の施設を使って行われました。渡邊玉縄防災会議議長をはじめ地域の自治町内会会長、地区社協、民生委員、青年指導員のほか市関係者ら30人余が参加、今回は玉縄小学校校長と教頭の両先生も加わりました。
 会議では避難所での行動・避難マニュアルの作成に向け熱心な討議が行われたほか、同小敷地内にある防災倉庫の確認なども実施、今後も玉縄各学校区ごとでの地域の実態に則した避難のあり方などを明確にして、地域内に広報、住民との情報共有化を図っていくことにしています。
 <もしもに備えて防災倉庫の整備は進んでいます
 image0.jpeg image1.jpeg
posted by 玉縄だより at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年06月28日

玉縄支所に七夕飾り

 梅雨の晴れ間の6月28日(月)玉縄支所ロビーに七夕飾りが出来ました。コロナ禍の今年は恒例のティールームでの制作が出来ないので、2本の笹竹に玉縄女性の会メンバーが自宅で作った様々な飾りを結んでいました。
 11時ごろには玄関前に七夕飾りが設えられました。来館者に思い思いの言葉を短冊に書いてもらいます。「早くコロナが収まりますように」「みんなの力でイキイキ暮らしましよう」。7月7日の夕べには遠い時代の人たちのように織姫と彦星が出逢えるように祈りました。(編集委員・江上尚志)
IMG_20210628_113403.jpg IMG_20210628_103801.jpg IMG_20210628_103117.jpg IMG_20210628_103030.jpg

<7月9日=撮影・生活支援コーディネーター和智章宏さん>
 IMG_4357 (2).JPG IMG_4357 (3).JPG

posted by 玉縄だより at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年06月25日

地区社協だより7月号

 玉縄地区社会福祉協議会が編集・制作する「たまなわ地区社協だより」の7月号が25日発行されました。今号では新たに就任した鎌倉・玉縄支所長や定期異動で就任した玉縄、関谷両小学校の校長先生の挨拶などが収録されています。また、先にオープンした湘南鎌倉総合病院の先端医療センターの紹介や、連載の読み物等で構成されています。近く、玉縄の各自治町内会を通じて配布されます。
 たまなわ地区社協だより
 玉縄地区社協だより78号_ページ_1.jpg
posted by 玉縄だより at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記