2021年05月18日

玉縄の新支所長に高橋さん

鎌倉市の定期異動で、玉縄支所の新支所長に環境センターの課長だった高橋勇一さんが着任されました。平成30年4月に赴任した前支所長の今井伸行さんは、地域の福祉や防災・防犯など広範な活動を住民視線で取り組まれ、このほど退職されました。
 新任の高橋さんは昭和62年4月に鎌倉市に入庁、今年で35年目を迎えます。前任地は笛田と深沢の環境センターを束ねる責任者で、笛田のリサイクルセンターでは市内の各家庭から排出される缶やビン類の再資源化に取り組んできたほか、深沢クリーンセンターでは汲み取り、し尿処理などの市民生活には欠かせない前線で活動されてきました。
  
<ご挨拶>

 玉縄地域の皆様、玉縄支所長の高橋と申します。今年の4月から玉縄地域の皆様には大変お世話になっており、この場をお借りいたしまして、お礼申し上げます。DSC_0306.JPG
 この一年は、コロナ禍によって、働き方や生活が大きく変わってきました。地域でのコミュニケーションも制限されて減ってきましたが、人間同士の意思疎通は、顔を突き合わせて全身で行っていくことが必要だと思います。コロナ禍でいまだ従来の地域活動が全開とはいきませんが、地域の皆様方と行政がより一層連携して、市民自治を推進していくことが重要であると感じています。どうぞよろしくお願いいたします。
posted by 玉縄だより at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記