2020年07月31日

布マスク寄贈

玉縄女性の会では布マスクの手作りを進めています。
梅雨明け間近の7月31日、介護老人保健施設「幸寿苑」を訪問して贈呈しました。代表して事務長の佐々木祐介さんがマスクを受け取りました。「職員で使わせて頂きます」とのことでした。(編集委員・江上尚志)
IMG_20200731_100330.jpg IMG_20200731_100456.jpg IMG_20200731_095800.jpg
posted by 玉縄だより at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年07月30日

鋭意編集中…社協だより

 7月1日発行予定の「地区社協だより」は新型コロナウイルス感染の影響のため発行できませんでしたが、この度地域医療の拠点として重要な役割を果たされている湘南鎌倉総合病院のコロナウイルスへの対策と篠原伸明院長へのインタビューなどを臨時号として発行する予定です。

 お盆休みが入るので、なかなか予定通りには進んでいませんが8月末までには配布できるように気を入れて編集中です。 

 現在 コロナウイルスの感染が拡大傾向にあります。インタビューでも述べられていますが、「過度の自粛生活を行う必要はありませんが、いづれやってくる第2波に備え、基本的な3密を避け、手洗いを行うことが重要です。」必要な情報・知識が満載されています。ご期待下さい。(編集委員・深見正美)

(写真は篠原院長へのインタビュー薗[は小川玉縄社協会長)

IMG_9724.jpg IMG_9754.JPG



 <関連ニュース>

 湘南鎌倉総合病院の増築工事が、最近の多雨にも拘わらず着々と進行中です。トモセラピー棟(写真)は近々完成、先端医療センターは来年3月完成予定。来年10月に本館隣に完成予定の救命救急先端医療センターは、まだ地下部分の工事中なので、現場写真は割愛しました。   (編集委員・石井英明)
 DSC_0059.jpg DSC_0056.jpg






posted by 玉縄だより at 15:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2020年07月22日

介護などの相談も

 地域の人たちにとっては、身近な憩いの場として親しまれている「玉縄すこやかセンター」の新しいセンター長に、このほど小坂利子(こさか としこ)さんが就任されました。
1595808370510.jpg

 玉縄台の閑静な住宅街に位置する同すこやかセンターは、日ごろ地域の方がたが集い、思い思いのサークル活動にいそしむほか、ゆったりとしたお風呂に癒されるなど、とりわけ高齢者らにとっては貴重な住民同士のふれあいの場でもあります。
 例年9月には、フェスティバルが開かれ太極拳や民謡、舞踊など各サークルの皆さんが日頃積んだ腕の冴えを披露します。今年は新型コロナ感染症の予防からフェスティバルは中止されたため寂しさは漂いますが、新任の小坂さんによりますと「介護相談などやお困りのことなどあればぜひお出かけください。来館はいつでも大丈夫です」と言うことです。小坂さんは介護業務を20年余にわたり経験されたプロフェッショナルです。
tama001.jpg 

posted by 玉縄だより at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ひと、人物紹介

関谷のマルシェ

関谷地区の主婦や若者たちがそれぞれの特技を用いて人に喜んでもらうことを目的に7月22日(水)鎌倉野菜かん太村で「つきいちマルシェ」が開催されました。朝からの急な雨も開始時間の午前10時には止みました。鎌倉コワーキングハウスと連携して地域の若者たちが楽しめる企画で大勢の人が集まりました。次回はかん太村がお休みの最終水曜日8月26日(水)の予定だそうです。
(編集委員・江上尚志)
IMG_20200722_135808.jpg IMG_20200722_135529.jpg IMG_20200722_135458.jpg IMG_20200722_135423.jpg
posted by 玉縄だより at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記