2020年05月31日

農と福祉の連携

関谷の街道沿いで鎌倉野菜の販売をしている「かん太村」では近隣の人たちと様々なコラボをしています。
福祉作業所に勤める青年や親たちと一緒に農作業をしています。5月31日(日)には前日に収穫したジャガイモを袋詰めして販売していました。農業と福祉の連係が進むようにという「かんた村」の取り組みです。
編集委員・江上尚志
  IMG_20200531_110044.jpg  IMG_20200531_110000.jpg  IMG_20200531_110003.jpg  IMG_20200531_110030.jpg
posted by 玉縄だより at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

城廻自治会館オープン

城廻自治会(渡邊寿三会長)では自治会館の建て替え工事が終わりました。建物が耐震になっていないこと老朽化を迎えていることから鎌倉市の支援を受けながら工事を決意したものです。
新型コロナウィルス対策で開館がのびのびになっていましたが、6月を迎える直前の5月30日(土)に「内見会」が行われました。
(写真は会館の外観、正副会長を囲んで、多機能トイレ)
IMG_20200530_095138.jpg  IMG_20200530_100703.jpg  IMG_20200530_095801.jpg  自治会館オープン案内.jpg

posted by 玉縄だより at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月21日

オンラインで朝の会

 新型コロナウィルス対策で学校も長期の休みのため保護者も生徒たちも大変な毎日を送っています。
そうした中で5月に入って玉縄地区の小学校でもオンラインによる交流の集いに取り組んでいます。関谷小学校では21日から「オンラインホームルーム」が試験的に実施されました。内容は「健康観察、課題にかかわる話」などのほか「クイズや教科の課題にみんなでチャレンジ」として毎週火曜日・木曜日の午前中「朝の会」として20〜30分程度を予定しているそうです。
(編集委員・江上尚志)
 DSC_0079.JPG IMG_20200521_091140.jpg
posted by 玉縄だより at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月19日

定額給付金の手続き

 特別定額給付金を受給するための申請用紙は、6月第一週までには市内の各家庭に郵送される見通しとなりました。Webから申込む電子申請はすでに5月1日から始まっており、5月中旬以降一足早く各家庭に現金が振り込まれる見通しです。
 新型コロナ対策にかかわる支援策として、国民一人当たり10万円が支給される定額給付金は、いち早く届けられている地方もありますが、都市部はこれからが大半。また、電子申請はマイナンバーカードが必要になるため、多くの家庭では郵便で届けられる申請用紙の到着が待たれていました。
 鎌倉市内では今月末に申請用紙の発送手続きを終え、順次郵送される見込みで6月1週には各家庭に届く見込みです。速やかに申請手続きが終われば、6月中旬以降振り込みが始まるとしています。申請用紙の記載方法は鎌倉市のホーム頁などに載っていますが、地域の民生児童委員、地区社協などでも手助けしてもらえます。
 teigaku.bmp
posted by 玉縄だより at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記