2019年11月24日

玉縄からの農産品に栄誉

 鎌倉市の優良農業者に盛田さん
 本年度の鎌倉市優良農・漁業者と農産物の品評会受賞者に対する表彰式が11月24日、大船中学校のエントランスで開かれ、席上農業の生産性向上に功績があったとして、関谷の盛田幸枝さんら3人に松尾崇市長から表彰状と記念品が手渡されました。
  また、農産物の品評会では神奈川県知事賞として同じく関谷の細谷兼司さんの手によるカリフラワー、鎌倉市議会議長賞は城廻の福田利奈さんによるほうれん草などが選ばれ、それぞれ会場で受賞者に記念品等が手渡されました。(写真から表彰を受ける盛田さん、平井さん。受賞者の皆さん)
DSC02703.JPG  DSC02711.JPG   DSC02719.JPG

 本年は春先から天候の不順が続き、秋には台風が連続して接近したほか大雨にたたられるなどによって、農産品も影響を受けました。この結果、同品評会への出品数も前年に比べ減少はしたものの、「総じて天候不順下であったが良質な仕上がりの丁寧なものが出品された」(県農業技術センター白木普及指導部長)と評価されました。
DSC02710.JPG   DSC02709.JPG   DSC02720.JPG 


                          令和初の「秋の収穫まつり」
 新鮮な野菜などが安く手に入るとあって、毎年収穫まつりの即売ブースには長い行列ができるのが常。今年も前日までの雨もやみ24日午前10時から大船中学校の前庭に大勢の人を集めて催されました。
この収穫まつりは、さがみ農協を中心に組織されている実行委員会と鎌倉市の農水課の共催によるもので、品評会で受賞した農家の皆さんの手による野菜も即売され、良品の野菜を手に来場する皆さんの顔もほころびがち。
 収穫まつりでは、野菜の即売ブースだけではなく一回100円で、両手いっぱいすくったお米をゲットできるコーナーや、ミカンの袋詰め販売、お腹を空かせたみなさんにはみそ田楽や焼きそばのブースが人気でした。
また、鎌倉女子大学の学生さんによる栄養学のゼミナール、即興の舞台に拍手が起きました。
DSC02724.JPG DSC02728.JPG DSC02730.JPG DSC02732.JPG


posted by 玉縄だより at 14:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月23日

 溢れる熱気…鎌養祭

 11月22日(小・中学部)23日(高等部)の両日、神奈川県立鎌倉養護学校で令和元年度「鎌養祭」が開催されました。冷たい雨が降って来ましたが、校内の部屋には熱いものが満ちあふれていました。会場に入ると卒業生たち(「えん座」=写真)が作品を展示販売しています。廊下には生徒たちが作った展示が飾られ、カフェの案内やスタンプの押印などの仕事に取り組む生徒もいて先生たちの努力が偲ばれます。
  IMG_20191123_125511.jpg  IMG_20191123_125628.jpg 
  IMG_20191123_130503.jpg  IMG_20191123_130759.jpg
posted by 玉縄だより at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月21日

玉縄から二団体の表彰

 第11回地域福祉推進感謝の集いが11月20日(水)午後1時30分から鎌倉市福祉センターにて開催され2.JPG、玉縄地区の二団体が地域福祉向上に努め表彰されました。
 《あいあいグループ=代表・泉久枝さん》10年以上にわたり地域での食事会やバザーの開催、老人福祉施設での洗濯物たたみなどの他、養護学校校外学習の付添い等の活動を行ない地域福祉の向上に努めた。
 《ニーズ対応植木班=代表・佐藤昌子さん》10年以上にわたり、地域の老人福祉施設での活動の他、地区社協や自治会の活動にも積極的に参加し地域福祉の向上に努めた。
 (写真は挨拶する松尾市長、下段は➀受賞された団体代表のお二人A会場の様子Bあいあいグループ代表・泉久枝さんCニーズ対応植木班代表・佐藤昌子さんの順)
 1.JPG  3.JPG
 4.JPG  5.JPG

posted by 玉縄だより at 05:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月19日

病院祭に1000人の皆さん

  湘南鎌倉総合病院は11月17日、医療・介護フェスティバル「第2回病院祭」を1階ホールなどに1000人の来場者を集め開催しました。松尾鎌倉市長と小林同院院長代行との対談や医療講演、それに血管年齢、認知機能を調べる検査なども希望者には行われた他、介護食の試食会、アニマルセラピーの体験など盛りだくさんの内容でした。
 午後の締めくくりは好評の「院内コンサート」。今回はピアノやフルートなどによるアンサンブルで「アンサンブル・プティ・ボワ」によるベートーベン作曲のピアノと管楽による五重奏曲などが、聴衆の皆さんを包みこみました。「患者さまには当院に来て頂き本当に良かった、と思ってもらえるよう今後とも務めてまいりたい」(小林同院院長代行)と述べていました。

 (湘南鎌倉総合病院総務課・庄山勇輔さんからお礼の投稿です)
 先日の病院祭はお陰様で1000人を超える来場者数となりました
肌寒さもあって、初めは心配をしておりましたが、院内コンサートにつきましても大盛況のうちに終える事が出来ました。私たちの病院は本当に地域の方々に支えられている病院なんだということを実感しました。
 (写真はアンサンブル・プティ・ボワの演奏と小林院長代行の挨拶)
PB173049.JPG PB173073.JPG

posted by 玉縄だより at 11:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記