2019年10月16日

歴史の会…甲斐路を訪ねて

10月16日(水)雨模様の集合場所から観光バスに乗ります。玉縄歴史の会主催「甲斐路に歴史と美食を求めて」は台風19号の影響を心配しながら迂回して山梨県の北杜市まで進みます。厚い雲が晴れ青空さえ見えました。11時ごろ最初の目的地「若神子(わかみこ)城跡」に向かいました。甲斐源氏の生まれた場所で、天正10年(1582年)武田氏滅亡の後に上州を掌握した北条氏が甲斐に進み北条氏直が若神子城を本陣とし、北条氏勝は御坂城を築き鉢形城の北条(藤田)氏邦らと共に徳川包囲網を完成させたそうです。諏訪神社の脇から山道を登ります。大竹さんからは大きな石が転がった山道にある石を横向きに積んだ石垣は古い時代の名残だと説明を受けました。
 昼食の「ほうとう」に舌鼓を打った後は「甲斐善光寺」です。川中島の合戦の時に長野の善光寺から本尊が移されて現在まで様々な歴史があるようです。宝物殿の源頼朝、実朝の彫像も拝観することが出来ました。短い時間のブドウ狩りを楽しんで48人の一行は帰途につきました
 (写真=から順に待ち合わせ場所集合、諏訪神社、若神子城跡の狼煙台、同城跡公園で集合写真)
IMG_20191016_070944.jpg IMG_20191016_111909.jpg 
IMG_20191016_115723.jpgIMG_20191016_120341.jpgIMG_20191016_144529.jpg


続きを読む
posted by 玉縄だより at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月07日

高齢者を地域で支える

 「高齢者を地域で支える福祉のまちづくり」をテーマに鎌倉市社会福祉協議会の地区社協部会研修会に参加しました。
10月7日(月)鎌倉市福祉センターに約100人が参加して午後2時から2時間の中味の濃い研修会でした。講師の西尾敦史さん(愛知東邦大学教授)は、25年を神奈川で福祉や高齢者関連の仕事に従事して来られた方です。
 高齢化率の上昇と共に「認知症」にかかる人の割合が上がり、特に85歳以上の半数以上が該当することになりました。地域包括ケアの目標が「認知症の高齢者を地域で支える」ことにあります。1970年代までは「家族は福祉の含み資産」とする日本型家族社会論が主流でした。現在では困窮の世帯内複合でニーズが見えないことからも地域の生活課題が出ています。
 在宅で暮らし続けるための「地域包括ケアシステム」をどのように推進するかが問われます。「つながり作り」「見守り」「生活支援」の3階建、支えあいマップとサロン活動による孤独死の防止など参考になり考えさせられる事例が多数紹介されました。(編集委員・江上尚志)
IMG_20191007_140516.jpg IMG_20191007_134705.jpg IMG_20191007_140446.jpg IMG_20191007_140544.jpg





posted by 玉縄だより at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月06日

薫風祭賑わう

 10月6日[日)、昨日までとても暑い日でしたが今朝はだいぶ過ごしやすく少し天気も危ぶまれたなか、第24回鎌倉薫風祭がおこなわれました。10時に理事長さんのご挨拶で始まり、駐車場のフードコートではやきそば・けんちん汁・鎌倉ビール・サイダー・あらびきウインナー・Coco一番屋のキッチンカーのカレー・クッキー・お野菜・沖縄ドーナツ等、美味しいお店が並び、中には行列ができたところもありました。室内では似顔絵コーナー・鎌倉女子大学の管弦楽団の美しいメロディー・又沖縄民謡(かちねこ)の歌やトークで盛り上がり皆さん大変、楽しんでいました。
IMG_1104.JPG IMG_1105.JPG IMG_1109.JPG

IMG_1114.JPG IMG_1126.JPG IMG_1132.JPG


 (薫風祭に参加して)
  前日の真夏のような気候が一変肌寒い日となりましたが、24回目を迎えた「鎌倉薫風祭」は10月6日に開催され大勢の来場者で賑わいました。今回は、定番の焼きそば・けんちん汁・かき氷などに加えDSCN0100.jpgて「COCO壱番屋」のキッチンカーによるカレーの出張販売に「鎌倉ビール」3種類が販売され、昼時には買い求め客の長蛇の列ができました。
 イベントは毎年来演している「鎌倉女子大学管弦楽団」に今回沖縄民謡の「かちねこ」が出演し食堂ホールは満員で混雑しました。特にラデツキー行進曲の演奏には慣例の手拍子で大いに盛り上りました。障害者施設・支援団体の雑貨・小間物の販売も大勢の来客で忙しそうに接客していました。
 鎌倉薫風も竣工から24年。錆・ひびなどの老朽化が目につきました。リフォーム・リニューアルが必要だなと感じた今日の祭典でした。(文責・深見 正美)

posted by 玉縄だより at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月04日

社協主催の会食会開く

 10月4日(金)朝方は台風18号の余波で強い雨と風に心配されましたが、昼前には太陽が出て真夏を思わせる陽気の中を深見副会長の司会で玉縄地区社会福祉協議会主催の「会食会」が開かれました。小川会長の挨拶で鎌倉薫風・施設長の太田さんが紹介されました。「会食会」の度に知的障害の方々が作ったクッキーをお土産に頂いています。IMG_20191004_121036.jpg

 社会福祉法人清和会のデザートつきで心のこもったお弁当を120人の参加者が一斉に楽しみました。食後の余興は鎌倉市全域の民生児童委員研究会福祉部会の皆様によるコーラスです。「めだかの学校」では手作りの山の紅葉に川やめだかが泳ぐ舞台に会場が和やかな雰囲気に包まれました。ピアノの奥様にチェリストのご主人も加わり「もみじ」「この道」と会場と一緒に歌声が響きました。チェロとピアノの演奏(「アベ・マリア」、「エストレリータ」)には大きな拍手が鳴り止みません。
 楽しんでいるうちに時間が過ぎました。最後に鎌倉市社会福祉協議会・生活支援コーディネーターの井上さんから「近所の団らん助成事業」、地域包括支援センター・ささりんどう鎌倉の平野さんからの説明がありました。高田副会長によって地区社協のボランティアセンター「ささえ愛」についてのPRで午後2時に閉会となりました。

続きを読む
posted by 玉縄だより at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記