2019年07月13日

沖縄・古典音楽奏でる


   (湘南鎌倉総合病院・総務課庄山勇輔さんの投稿)
 湘南鎌倉総合病院のエントランスホールで「院内コンサート」が7月13日開かれました。今回は「湘南海亀 with カメカメビームス」というグループに出演して頂き、沖縄民謡や琉球古典音楽の演奏を楽しませてもらいました。
 当日は小雨の中にも関わらず、多くの方に集まって頂きました。沖縄民謡というのは不思議な物で、演奏が始まると気持ちが和みあっという間に終わってしまいました。当院としては今後も皆様の、音楽による癒しの場となれるよう頑張っていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。
DSC_0105.JPG DSC_0082.JPG DSC_0153.JPG DSC_0160.JPG

posted by 玉縄だより at 20:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

早朝にハスの花

 日比谷花壇大船フラワーセンターでハスの早朝開園が始まりました。7月13日(土)午前7時にシャッターが開くのを50人余りの人が待っています。
 フラワーセンターに入るとハスの茎を使った花のシャワーが出迎えました。気温の低い日が続いたこともありハスの花便りはちらほらというところです。ハスの早朝開園は13〜15日と20、21日で午前8時からはレストハウスでのカフェも開かれます。
IMG_20190713_070256.jpg IMG_20190713_065343.jpg IMG_20190713_070402.jpg




posted by 玉縄だより at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月07日

夏まつりがスタート

 玉縄地域も夏まつりの季節になりました。先陣を切って7月7日の塩竈神社例大祭では、周辺町内会の子ども神輿がお祓いを受け、小雨もパラつく生憎の空模様でしたが、元気な子供たちの「ワッショイ」の声が響きました。同神社では前夜に宵宮が行われています。
 昨年と異なり気温も低めでどんよりしたお天気、そのためか町内の盛り上がりも湿り気味。通常だと3基の神輿が神官のお祓いを受けるのが常でしたが、ことしは一基だけで神社前の人出も少なく、ちょっぴり寂しいスタートでした。
  (写真最後は戸部会館もおまつりモード)
DSC02606.JPG DSC02605.JPG DSC02608.JPG DSC02611.JPG
posted by 玉縄だより at 13:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月04日

ロジュマン寄席 正雀・金平二人会

 6月30日、鎌倉ロジュマン集会室で「正雀・金平二人会」が催されました。正雀師匠は知る人ぞ知る、林家一家の真打のプロの噺家。豊田家金平(本名鈴木有史郎)は出版業界を定年退職後落語に目覚め、正雀師匠の門をたたき、以来20年のロジュマン在住の玄人はだしの、玉縄では今や知らぬ人もないくらいの有名アマチュア噺家。
 1時半の開場を前に、1時から続々とお客が詰めかけ1時半にはすでに120名の満員状態。2時開演後前座の林家彦星の一座も含め、正雀、金平それぞれ2席の古典噺の後の締めは、来場のお客に対する正雀師匠のサービスの「かっぽれ踊り」。会場全体が大いに盛り上がった2時間半の寄席でした。
DSCN5469.JPG DSCN5462.JPG DSCN5465.JPG  DSCN5461.jpg
posted by 玉縄だより at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記