2019年05月25日

令和の時代に生きる

      (5月24日、詩は城廻在住、江上尚志さんからの投稿です)
目が覚めると新しい時代「令和」の幕が開いていた
何故か心静かに迎えた朝だった9976.png

昭和から平成に移る日は雲がどんよりとしていた
大正から昭和の境は葉山の公園入口の碑に見える

平成から令和へ何と言う明るさ
これまでにない人々による命名
私たち国民が求める時が始まる
この国に生まれた誇りを持とう     
                                                                                   <令和の時代に生きる子供たち。
                                                                                           生まれ育った玉縄の地で健やかに…>図2.png
新しい生命も生まれたという
子どもたちは元気に通学して
新しい時代が良くなると信じ
地域の年配者も見守っている

reiwa-1.jpg
posted by 玉縄だより at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記