2019年01月14日

無病息災願って「どんと焼き」

 神明神社では、1月14日(月)午後2時から今年1年の無病息災を祈って門松や注連飾りなどを焼く「どんど焼き」が行われました。
近隣の方々が持ち込んだ門松・正月飾りを大きなドラム缶2個に入れ、火をつけると炎をあげて燃え上がりました。
集まった人たちはその炎に木に刺した色とりどりのお餅をかざし、程よく焼けたお餅を口に入れ、美味しそうに食べていました。今年も無病息災・家内安全まちがいないでしょう。 
IMG_0390.jpg IMG_0374.jpg IMG_0392.jpg IMG_0395.jpg IMG_0395.jpg IMG_0396.jpg

  どんと焼き…城宿
   城廻にある城宿稲荷の境内でも同じく14日、どんど焼きが行われました。地域の人たちが守っている稲荷神社にお詣りしてから松飾りや注連縄(しめなわ)等が燃やされている火のそばに行きます。
 稲荷神社の神殿は戦前まで玉縄小学校の奉安殿だったそうです。
歴史を担う若者が育って行くことを期待しつつ「どんど焼き」の火で焙られ(あぶられ)た三色の餅を頂きました。
IMG_20190114_084658.jpg IMG_20190114_085545.jpg IMG_20190114_091650.jpg IMG_20190114_092428.jpg
posted by 玉縄だより at 18:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

餅つきとどんと焼き ロジュマン

 (鎌倉ロジュマン在住・堀節子さんからの投稿)
 1月13日(日)、ロジュマン自治会・グランマークス自治会合同の餅つき大会・どんど焼きが開催されました。心配された天候も当日は晴れ、風もなく、寒さも和らいで、小春日和のような中での開催となりました。
 合同の説明会では綿密な打ち合わせをして臨み、朝7時から準備を始め、9時半には4種類のお餅とお汁粉の販売を開始しました。大勢のお客様が販売開始と共に列に並び、構内に置かれたテーブルでは搗きたてのお餅を頬張る子供たちの笑顔にスタッフ一同、大変さを忘れるイベントとなりました。
005.JPG 009.JPG 012.JPG 015.JPG 016.JPG 020.JPG
posted by 玉縄だより at 17:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記