2018年08月20日

ロジュマンでいきいきカフェ

 8月18日(土)鎌倉ロジュマンでいきいきカフェが開店され、48名の方が参加されました。今月は貞宗寺(植木)住職の山口 宇宙先生に玉縄の歴史と文化について、貴重なお話を伺いました。  (ロジュマン在住=堀節子さん投稿)

山口宇宙ご住職、講話の主旨です
 今から溯る事400年前、植木に創建された貞宗寺は徳川家ゆかりの寺で、玉縄山珠光院と号した浄土宗のお寺です。
 徳川家2代将軍秀忠公の母方の祖母にあたる貞宗尼が、この地を徳川家から賜り、余生を送られていたそうですが、1609年に没した後の2年後「貞宗院様」開基の貞宗寺が開かれたということです。
    (玉縄小学校のルーツ)
 徳川家との関係が深いことから歴代将軍の位牌や葵紋入りの蒔絵漆器類が寺宝として保存されています。当時は江戸時代で同寺には寺子屋も併設され、近郷より勉学のため多くの若者が集まっていたようです。玉縄地域の文教の中心でもありました。
 明治6年学制が敷かれると「玉縄学校」となり、これが現在玉縄小学校の始まりとなったそうです。

 現在の私達には想像もつかない、古に想いをめぐらす一時となりました。
010.JPG 015.JPG 011.JPG 017.JPG
posted by 玉縄だより at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記