2018年04月24日

玉縄支所長交代で懇親

 鎌倉市・玉縄支所の新しい支所長に着任した今井伸行さんと、前支所長だった下平和彦さんらとの懇親歓送迎会が4月23日、大船の千馬で開かれました。地元側として玉縄自治町内会連合会役員と玉縄地区社会福祉協議会の理事が参加しました。懇親会の冒頭玉縄自町連会長の正木重郎さんから、玉縄地域で活動された下平さんの貢献に謝意を表するとともに、今後も新任の支所長とともに、行政と連携して玉縄の発展に一層努める旨、挨拶がありました。
 両氏は3月31日で定期異動になり、合わせて同時に異動した前係長樋口秀之氏、新係長の渡辺浩平氏、また4月1日で着任した生活支援コーディネーターの井上達夫氏さんも加わり、玉縄での懐かしい思い出や、今後の玉縄発展への思い入れなど和気あいあいの雰囲気の中で、玉縄の絆を一層深める懇親の夕べとなりました。
1.JPG 5.JPG

 今井新支所長の抱負 障害福祉の仕事に8年間従事しましたが、そのこと以外では市役所内部の仕事が中心で、特に地域の方々に直接お世話になるのは、昨年の深沢支所が初めてでした。これからは、行政と地域住民の皆様方がより協力し合って、まちづくりを進めていく必要があると考えています。微力ではありますが、玉縄地域のまちづくりに尽力させて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。」(マイタウン玉縄あてに頂戴した抱負の一部抜粋です。詳しくは別項で掲載します)  
posted by 玉縄だより at 06:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記