2017年09月30日

笑顔かがやく…小学校で運動会

玉縄地域の3小学校では9月30日、各校の校庭を舞台に運動会がそれぞれ開催されました。元気な声が校庭いっぱいに広がり、好天に恵まれた初秋の1日、リレーや組体操それに趣向を凝らした円舞などに子供たちの成長の姿を垣間見ました。
玉縄小学校
IMG_1053.JPG IMG_1057.JPG IMG_1067.JPG IMG_1091.JPG
関谷小学校
「みんなが かがやき ベストをつくし 笑顔で終われる運動会」運動会の冒頭にみんなで声を揃えました。ダンシング玉入れ、徒競走、棒引き、綱引き、組体操(「絆」)に色別(学年別)対抗リレーと親世代ばかりでなく祖父母世代も楽しめるプログラムでした。校庭で広げられる昼休みに子どもと一緒に昼食を取ることが出来ないのは寂しいものです。
IMG_20170930_084654.jpg IMG_20170930_090934.jpg IMG_20170930_094508.jpg IMG_20170930_112149.jpg IMG_20170930_113947.jpg IMG_20170930_120446.jpg 

posted by 玉縄だより at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月25日

ロジュマンで美化運動や防災訓練

ロジュマン管理組合、自治会、親和会(シニアクラブ)が構内、構外のさまざまな美化活動を行っています。
(写真上から正面ロータリーの美化、管理組合のボランティアグループ「チームグリーン」がロータリー美化のため花壇の整備を行い、現在はコスモスが咲き誇っています。次はロジュマン周辺道路「タマスダレ」の生育、ロータリーの前面を含めロジュマン周辺約600mにわたって、10年前から今年95歳の方が毎日のようにタマスダレを丹精込めて育てています。最後は親和会の有志が社会貢献活動として数年前から特養かまくら愛の郷構内の剪定作業を引き受けています。9月26日には愛の郷と隣接する湘南鎌倉病院院内保育園の歩道沿いに生垣と愛の郷内の剪定を行いました。)
DSCN3176.JPG DSCN3175.JPG DSCN3163.JPG DSCN3161.JPG

 防災訓練に290人が参加
 秋晴れの24日(日)、鎌倉ロジュマンではみどりの公園を中心に秋季自主防災総合訓練が実施され、防災隊と居住者290名が参加しました。防災隊長による訓練開始放送を合図に安否確認班、救出救護班、施設消火班、避難誘導班、生活支援班がそれぞれの活動を開始し、今年の新しい試みとして居住者が現実に階段を使用して避難(但し4階以下)する訓練と備蓄品を使用した炊き出し訓練を行いました。鎌倉市消防団第13分団による指導で初期消火模擬活動を実施、大船消防署員による体験学習(AED訓練・消火器を使っての消火訓練)には「いざ」という時の為に多くの方積極的に参加され、本日の訓練が終了しました。
防災1.jpg 防災2.jpg 防災3.jpg 防災4.jpg
大震災写真展で防災の啓蒙
鎌倉ロジュマンでは9月24日に実施した自主総合防災訓練に合わせ25日までの2日間、鎌倉市役所から提供を受けた関東、阪神淡路、東日本各大震災の写真パネル31枚を展示、居住者の防災意識向上のため役立ててもらいました。
 DSCN3169.JPG DSCN3171.JPG DSCN3173.JPG


posted by 玉縄だより at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月24日

さんま祭り賑わう…大船to大船渡

 9月24日(日)「岩手県復興支援産業祭り」と銘打った祭りが今年も大船駅前の芸術館通りを舞台に繰り広げられました。「さんま祭り」の愛称で親しまれボランティア中心で実行委員会形式で継続しているイベントです。

石井秀卓実行委員長の開会宣言に始まった開会式には「パートナーシップ協定」を結んだ松尾・鎌倉市長、大船渡市長(メッセージ)を初め多くの来賓がありミス鎌倉や大船渡椿娘、おおふなトン(ゆるキャラ)も会場を盛り上げていました。
 無償提供される2000尾のさんまを焼くのは「さんま焼き師」認定を受けた4人が中心です。カキ、イカ、ホタテなどを焼く煙が会場を包み、「大船渡物産展」の表示に復興支援の雰囲気が出ています。

(写真=松尾鎌倉市長、大船渡市企画部長らの挨拶と会場風景)

IMG_20170924_100554.jpg IMG_20170924_100757.jpg  IMG_20170924_103232.jpg IMG_20170924_103357.jpg IMG_20170924_103746.jpg IMG_20170924_103240.jpg

posted by 玉縄だより at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月23日

世界平和を願って

  鎌倉ロジュマンにお住まいで、御年ちょうど100歳の松村𠮷子さんが思い描くのは世界平和の実現です。ご自身の戦争体験を綴った「私の夢は世界平和」(A5版、36頁)は、この春リハビリ施設が主催したゆめの発表会で最優秀賞を獲得しました。そこに綴られているのは、戦争体験者だけが表現できるリアリティに溢れる胸突かれるものでした。奇しくも混とんとする現在の国際情勢、松村さんは平和の中にこそ人々の幸せがあると、憂えることしきりでした。<詳しくは以下のURLを参照下さい。>

matumura1.jpg matumura2.jpg
posted by 玉縄だより at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ひと、人物紹介