2017年06月28日

支所ロビーに七夕飾り

 1年に1度、織姫さまと彦星が出会う「七夕(たなばた)」の7月7日をみんなで迎えようと玉縄行政センター入口に七夕飾りが出来ました。玉縄女性の会ティールームのメンバーを中心にして飾り付けが済みました。願いごとを書く短冊も用意されています。6月27日(火)午後3時、恒例の「カフェたまなわ」は満席でした。行政センター入口の「山もも」も赤い実をつけています。短冊にお願いを書きに行きませんか? (江上尚志)
 IMG_20170627_153051.jpg  IMG_20170627_153021.jpg IMG_20170627_153258.jpg
posted by 玉縄だより at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月24日

幽玄な観音さま、平和を祈念

 夏至(今年は6月21日)に近い6月24日(土)の夕刻に大船観音寺で恒例の「キャンドルナイト in  大船観音」が行われました。(入場無料)6時から原爆の火の前で法要と採火式が行われました。僧たちの読経に続き一般参列者による焼香であらゆる被災者への鎮魂の儀式です。
 境内と石段から大船観音の前まで祈りを描いたろうそくが並んでいます。受付で500円を渡して求めたキャンドルにも火を灯してもらいました。一年中で最も短い夜にふさわしい行事に市内各地の幼稚園児が描いたキャンドルが輝いています。
IMG_20170624_175300.jpg IMG_20170624_180608.jpg  IMG_20170624_182908.jpg IMG_20170624_182422.jpg
posted by 玉縄だより at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

フラワーセンター7月から休園

 神奈川県立フラワーセンター大船植物(愛称「大船フラワーセンター」)はこの7月3日から休園期間に入ります。老朽化対策や魅力アップのための改修工事が行われるそうです(再開は来年4月1日の予定)。期間中の電話による「園芸相談」は月、火、水曜日に引き続き行われます。(0467-46-2188)
 6月24日(土)〜7月2日(日)の期間は55年のありがとうを込め「感謝週間」が開催中です。特に7月1日(土)と2日(日)は「ありがとうフェスタ」で入園料が無料になります。
 期間中は毎日10:30から「園長 花さんぽ」が行われます。また、ポストカードプレゼントや「しずくちゃん」来園で楽しむことが出来ます。(「ありがとうフェスタ」期間中は盛りだくさんのプログラム)写真=からフラワーセンタープレート、NHKの取材を受ける園長、園芸相談、開き始めたハス、季節感溢れるハンゲショウ(半夏生)、花さんぽ、しずくちゃん(キャラクター)
IMG_20170624_093220.jpg IMG_20170624_093601.jpg IMG_20170624_093905.jpg IMG_20170624_101217.jpg
posted by 玉縄だより at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月14日

発足20年を祝う…「玉縄女性の会」

 地域社会での福祉活動などで中核的役割を担っている玉縄女性の会がこのほど設立20周年を迎え、6月14日横浜・立場の「梅の花」に会員が集って、20周年祝賀式を開きました。玉縄自治町内会連合会、玉縄地区社会福祉協議会からもお祝いが寄せられました。(写真)
IMG_3857.JPG

 平成9年、鎌倉市の第3次総合計画が策定された当時「女性の参加なくして活力ある地域づくりは不可能」といった意見が多く出され、こうした声に押されるように5人のメンバーで玉縄女性の会がスタートしました。
 活動では女性らしい細やかな心配りが随所に発揮され、一人暮らしの高齢者に絵手紙を贈る活動などに高い評価が寄せられるなど、福祉や地域での諸活動に欠かせぬ存在に発展、現在は20人を超えるメンバーにより運営されています。

 20周年を節目に…小川サヨ子会長ogawa.JPG
「玉縄の地域づくりに是非女性の声を…」と、鎌倉市第3次総合計画策定時に発足した「玉縄女性の会」、お陰さまで地域の皆様に支えられ、20周年を迎えること出来ました。当初、5名で出発した会員も現在は20名となり、玉縄地区社会福祉協議会を母体とするボランティア団体として、各施設へのお手伝いをはじめ、高齢者のおしゃべりサロン「玉縄ティールーム」・一人暮らし高齢者への絵手紙慰問・転倒予防教室等を運営しています。また、玉縄まつりを始め各諸団体の事業にも多く関わらせていただき地域との連携・協力の中、自己の向上をはかりつつ、心の通う安らぎのあるまちづくりの一助になれるよう活動しています。今後も皆様と共に、地域の合言葉である「地域の絆・玉縄の底力」を胸に活動してまいりたいと思います。ご支援ご協力をよろしくお願い致します。
(写真は祝賀会風景)
IMG_3833.JPG  IMG_3834.JPG IMG_3840.JPG IMG_3846.JPG



posted by 玉縄だより at 22:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記