2016年08月30日

玉縄台で納涼ほっとcafe

8月28日、いつもより遅めの午後3時から始まった今月の「ほっとcafé玉縄台」。今回はイベントを設けず「納涼ほっとcafé」と題して、のんびりと夏の夕暮れを楽しみました。特別にビールも用意され、いつもより男性参加者も多い様子。華やかに飾られた花とできたてのお料理。どのテーブルも和やかに盛り上がりました。地域交流のために昨年5月に始まった「ほっとcafé玉縄台」も既に十数回。毎回様々な企画で好評です。毎月第4日曜日、玉縄台自治会館で開かれています。(これまでの活動や今後についてのレポートを「玉縄探訪」に近日掲載予定)
image1 (8).jpeg image2 (4).jpeg

posted by 玉縄だより at 06:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月29日

タマスダレ開花、元気な向日葵も

10年前から丹精込め
明照フラワーガーデン前歩道植え込みから湘南鎌倉病院入り口信号を経て、湘南鎌倉総合病院信号までの道端約500mの間の12ヶ所に、晩夏の花「タマスダレ」(ヒガンバナ科の多年草、南米原産で園芸上属名は=ゼフィランサス)が清楚で白いやさしい花を咲かせ始めました。ロジュマンに在住する92歳の方が10年ほど前から球根から育てた苗を植え、毎朝早朝から(夏の間は5時半ころ)丁寧に育てているものです。7月にはある場所の一角が市役所指名の業者に周囲の雑草とともに根元からばっさり刈られてしまいましたが、さすがに球根草で見事に蘇生しました。
IMG_4005 (640x480).jpg IMG_4006 (640x480).jpg IMG_4007 (640x480).jpg


元気をもらえる向日葵

朝、起きて玄関をあけると眼に飛び込んでくるのは、高さ3メートルもありそうなお隣の庭に咲いている向日葵の花(別名日輪草)。和名の由来は太陽の動きにつれてその方向を追うように花が回るといわれたことから。でもこの動きは成長に伴うもので、実際に太陽を追って動くのは生長が盛んな若い時期だけと言われている、そんな向日葵に毎日元気をもらっています。(玉縄在住Mさん宅で=8月27日撮影)
IMG_0108.jpg IMG_0109.jpg IMG_0110.jpg
posted by 玉縄だより at 11:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

夏の終わり、夏祭り2題

 (ガーデンホームズ岡本自治会鈴木さんから投稿頂きました=写真も)
8月27日(土)12時から16時まで第16回「ガーデン祭り」が開催されました。当日は小雨が降る中の開催となりましたので、前年の半分ぐらいの人出となりました。子供達は15時から行われたじゃんけん大会キャンディーつかみどりで盛り上がり、夏の締めくくりとなる最後のお祭を楽しみました。(写真から模擬店、ディンプルアートカラーの体験、ストラックアウトゲーム=レックスガーデンさん協力)
CIMG0414 (640x480).jpg CIMG0416 (640x480).jpg CIMG0418 (640x480).jpg

鎌倉岡本グランマークス自治会・おやじの会の「グランマークス夕涼みの会」
提供公園にたくさんのテントを張り準備をしましたが、そぼ降る雨の中テントの下で出来たのはメインイベントの「そうめん流し」と「スイカ割り」のみ。急遽会場を屋内のパーティールーム(集会室)をぶち抜きゲームや飲食物のお店の開店となりました。レックスガーデン子ども会の役員はガーデン祭りとの掛け持ちで大変でした。
IMG_3984 (640x480).jpg IMG_4002 (640x480).jpg IMG_3995 (640x480).jpg

posted by 玉縄だより at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月28日

幸寿苑で夏祭り

 827日(土)、関谷の介護老人保健施設幸寿苑で“幸寿苑夏祭り”が行われました。当日は朝から空模様が悪く雨になってしまいましたが、大勢の利用者の方のご家族やご近所の方々が参加されました。
玄関前では焼きそば・焼き鳥・おでん・おすし・ジュース等の模擬店が並び、それぞれに長い行列ができていました。ロビーではクッキー・ケーキ・手作り小物の販売等で賑わっており、また1・2階のフロアーではマジックショウー・盆踊りなど盛りだくさんの催しがあり、施設の利用者の方はもちろん、ご家族やご近所の方々も楽しい時間を過ごされていました。

IMG_0112.jpg IMG_0126.jpg IMG_0127.jpg IMG_0130.jpg IMG_0137.jpg IMG_0133.jpg



 
 

posted by 玉縄だより at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記