2016年07月30日

玉縄各地 夏祭りで賑わう

 晴れ城廻自治会では盆踊り
 鎌倉城廻自治会では恒例の「盆踊り大会」が7月30日、開催されました。まだ夏の日が眩しい午後5時過ぎに会場の清水小路公園に地元の人たち大勢が集まっています。焼きそば、焼き鳥、フランクフルト、かき氷と定番の食べ物、ヨーヨー釣り、あてくじに幼い子どもたちが群がっています。やぐらの太鼓に合わせて盆踊りの曲が流れお祭りはクライマックス(写真は渡辺城廻自治会長と駆けつけた松尾市長)
IMG_20160730_191902.jpg IMG_20160730_174759.jpg IMG_20160730_183952.jpg

 晴れ子ども会が3Rに協力(関谷城廻町内会)
 30日の納涼祭当日、午前中は恒例の町内各班の子ども会が協力する通学路のゴミ拾い。3R活動の一環になるもので、城廻の西公園で分別作業をしました。市の職員によるごみ減量についての説明に、子どもたちもお母さんとともに耳を傾けました。午後4時からは待ちに待った納涼祭です。地域の美化運動に協力した子どもたちらも連れ立って納涼祭の会場になった関谷の「かん太村」に駆けつけました。会場では流しそうめんをはじめ、焼きそば、焼き鳥。ヨウヨウ釣りや金魚すくいなどの模擬店が並び、子どもたちの歓声に包まれました。(写真上2枚が町内美化活動、下2枚は納涼祭風景)
DSC_0203.jpg DSC_0204.jpg DSC_0208.jpg DSC_0216.jpg

 晴れ坂本町内会ではプロのバンド演奏も (坂本町内会菅沼さんからの投稿です)

 30日は梅雨が開けたばかりの暑い日、恒例の坂本町内会の夏祭りが行われました。当日、大勢の大人の神輿に合わせて、可愛らしい“ちびっこ達”の神輿もあり笛や太鼓にあわせて賑やかに町内を巡行しました。夕方6時過ぎから公会堂広場で、懇親会があり町内出身でプロ活動されている方たちのバンド演奏があり、歌や手拍子で大いに盛り上がり、冷たい飲み物で喉を潤しながら、真夏の夜の祭典?に楽しいひと時をすごしました。

DSCN2107.jpg DSCN2123.jpg DSCN2125.jpg DSCN2131.jpg

晴れやまゆり公園では玉縄台

 玉縄台自治会の一番奥まった所にある、二段の広場が多くの桜の大木に囲まれたこもれびと心地よい風が通り抜ける「やまゆり公園」で、自治会員総出の祭りが開かれました。(写真上から奄ヨ本部前で近藤会長の挨拶、関谷小大野校長や県議の挨拶、広場の医師団は観客席に早変わり)

IMG_3826.JPG IMG_3821.JPG IMG_3822.JPG IMG_3823.JPG

晴れ植木町内会ではホールインワン大会も

  1月に田中八郎前会長が急逝されて始めての納涼祭。田中家の敷地の植木青少年広場(鎌倉市に貸与)で、山崎新会長のもと故人の田中さんを偲んで近隣からも大勢の親子が集まり、装いも新たに開催されました。(写真上奄ヨ新たなメニュー子どもホールイン大会、模擬店には長蛇の列、ボランティアの皆さん汗びっしょり、提灯の下盆踊りの輪が)

IMG_3841.JPG IMG_3843.JPG IMG_3844.JPG IMG_3854.JPG


posted by 玉縄だより at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

西口デッキで青空市

 7月30日(土)午前10時から大船駅西口のペディストリアンデッキで第2回目となる「ペデマルシェ」が開催されました。鎌倉市の農産物や海産物、それを利用した加工品中心の即売会です。梅雨が明けたばかりのデッキは売り子の声で賑わっています。
IMG_20160730_094112.jpg IMG_20160730_095122.jpg IMG_20160730_095931.jpg IMG_20160730_100104.jpg

posted by 玉縄だより at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月28日

市長ら出席してふれあい懇談会が

 柏尾川沿岸の道路冠水対策を
 玉縄地域での社会福祉や環境、防災など多面的な課題を話し合う「ふれあい懇談会」が7月28日、玉縄青少年会館で開かれました。同懇談会には松尾市長はじめ市の関係部長らと、正木重郎玉縄自町連会長ほか管内の各自治町内会長、玉縄地区社協、民生委員の代表など30人が参加しました。
 冒頭説明に立った松尾市長からは、当面する市としての課題が述べられ、築47年が経過した本庁舎の整備については立て替えや大改修などの方策があるものの、深沢や梶原さらには大船再開発の中での移転計画も紹介され、本年度中には市としての方針を決めることにしています。また、玉縄支所等の役割については、マイナンバーカードの普及などで、29年10月には住民票などがコンビニで取得できることなどのタイミングを見て、本庁舎に窓口業務は移管することなどの方針を示しました。
 一方、直面する玉縄地域の課題などについて、とくに昨年度以降喫緊の課題として要望していた柏尾川流域の道路冠水対策は、道路冠水の重点対策4地域のひとつとして整備を進めていく考えを示しました。地域の側からは「中核病院である湘南鎌倉病院への行き来が困難を極め、災害時を想定した場合柏尾川整備の優先度を上げるべきだ」との指摘等がありました。
(写真は26年10月の冠水時=湘南鎌倉病院、鎌倉ロジュマン周辺)
img010.jpg

 高齢者に対する具体的支援への対応も
 ふれあい懇の後段は地域と市側との懇談で、交通が不便な地域における高齢者対策など市の対応を求めました。玉縄地区では地区社協によるボランティア活動が先行して進められており、自治町内会のサポートを受けながら「ささえ愛」活動などを充実していく意向など社協から表明されました。市としても「要介護者家庭でのごみ収集を手助けするなどの制度をより柔軟的に運用する」(松尾市長)など、高齢者への配慮を進めていく考えが述べられました。
 一方、関谷地区での横浜湘南道路の建設に当たっては、関谷換気所に脱硝装置およびPM2.5除去装置の設置などが、地元側から求められました。計画によると6車線の道路が通り、周辺部には小学校や養護学校、住宅地もあることから、環境・安全確保の上から必要なものとしています。同地区の自治会などでは市道ではないため国交省や県などに独自に要請していますが、鎌倉市としても行政の立場からの働きかけをする、としています。
DSC00353.JPG DSC00356.JPG DSC00365.JPG



posted by 玉縄だより at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月25日

植木小で布ぞうりづくり

夏休みに入った7月25日(月)の朝、植木小学生の1年から6年生までの生徒と保護者11組が参加して「布ぞうり作り」に挑戦しました。主催は「植木小学校特色づくり地域委員会」植木小学生の図工室が会場です。玉縄地区社会福祉協議会に応援を依頼しています。植木小学校からは大橋校長と教頭先生も参加して一緒にチャレンジしておられました。
(写真左から右へ会場風景、完成見本、校長先生も、指導は女性の会で、もう少し、出来ました)
IMG_20160725_091119.jpg IMG_20160725_091441.jpg IMG_20160725_092504.jpg IMG_20160725_092044.jpg IMG_20160725_094539.jpg IMG_20160725_101530.jpg
posted by 玉縄だより at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記